高血圧のすべて > 診断基準

診断基準

日本高血圧学界の高血圧治療ガイドラインでは、医療機関で測った血圧の「収縮期血圧 140mmHg以上」、または「拡張期血圧 90mmHg以上」を高血圧と定義されています。

心臓や血管の障害が原因で起こる病気は、「心血管病」と呼ばれていて、血圧が高くなるほど心血管病になる可能性が高くなります。
高血圧が重症になると、合併症を起こす危険性があるのです。
そのため、高血圧治療ガイドラインでは、血圧を以下のように分類しています。

■至適血圧
収縮期血圧 120mmHg未満、かつ拡張期血圧 80mmHg未満。

■正常血圧
収縮期血圧 130mmHg未満、かつ拡張期血圧 85mmHg未満。

■正常高値血圧
収縮期血圧 130mmHg~139mmHg、または拡張期血圧 85mmHg未満。
この値は高血圧ではありませんが、生活習慣の改善をした方が良いでしょう。

■軽症高血圧
収縮期血圧 140mmHg~159mmHg、または拡張期血圧 90mmHg~99mmHg未満。

■中等症高血圧
収縮期血圧 160mmHg~179mmHg、または拡張期血圧 100mmHg~109mmHg未満。

■重症高血圧
収縮期血圧 180mmHg以上、または拡張期血圧 110mmHg以上。