高血圧のすべて > 血圧の仕組み

血圧の仕組み

血圧とは、心臓から全身に送り出された血液が、血管の側面に与える圧力のこと。
送り出された血液は、全身を巡って酸素と栄養を供給し、二酸化炭素や老廃物を回収する役割を持っています。

また、血圧は、心臓の収縮・拡張により、常に変動しています。
心臓が収縮すると血液が送り出され、この時に血圧は最も高くなります。
これが「上の血圧(収縮期血圧)」と呼ばれています。

心臓が拡張すると、全身から心臓に血液が戻ってきます。
この時に血圧は最も低くなります。
これが「下の血圧(拡張期血圧)」と呼ばれています。

血圧を決める要素

血圧を決める基本は、「心拍出量」と「末梢血管抵抗」です。

心拍出量は、心臓が1回の収縮で血液を送り出す量。
心拍出量が多くなるほど、圧力が高まります。

末梢血管抵抗は、末梢血管(細い血管)での血液の流れにくさ。
血管壁が硬くなったり、血管壁が収縮すると、抵抗が増えます。
末梢血管抵抗が増加すると血液は流れにくくなるため、心臓はより強い力で血液を送り出し、血圧は高くなります。