高血圧のすべて > 本態性高血圧

本態性高血圧

高血圧は、「本態性高血圧」と「二次性高血圧」に分けられます。

本態性高血圧は、原因が特定できない高血圧のこと。
患者さんの約90パーセントは、この本態性高血圧とされています。
また、一般的に「高血圧」と呼ばれる場合は、基本的に「本態性高血圧」のことを指します。

高血圧の多くは、遺伝的な体質、生活習慣などの要因で発症すると考えられています。
原因が分からないため、完全に治療することは難しくなっていますが、血圧をコントロールして合併症になる可能性を下げることは可能です。